キタキューヘリテージ  Kitakyu Heritage

あの日何を見た?【かねやす百貨店】

time 2013/05/08

北九州市小倉北区魚町。

魚町、と言えば小倉っ子ならば誰だって「銀天街!」と答えるだろう。

多くの商店が軒を連ね、歴史とトレンドが交差する、いつの時代も楽しく歩けるアーケードだ。

アーケードから西側、ひとつ紫川側に並行して通る道は、「みかげ通り」


1980年(昭和55年)まで西鉄北方線の路面電車が走っていて、廃止後にその敷石であるみかげ石の名残からその名がついた。
現在も歩道の一部に敷石が再利用されているよ。

筑紫野市山家の筑前山家駅前に保存されていた西鉄北方線列車(右端)狭い道を走る為の細い車体が特徴だ!
<追記>現在はかしいかえんにて、西鉄電車のミニ博物館「レトロ電車パーク」として公開されているそうです。

みかげ通りは”魚町交差点”から”医療センター前交差点”まで、わかりやすく言うとヤマハのビルの交差点からクエスト前を抜け、北九州市立医療センターの交差点までの道を言う。

”東映会館”とか言っちゃうと平成生まれに「なにそれ?」と言われるからやめとく。
そこにはかつて栄華を誇った百貨店が今も遺っている。

【かねやす百貨店(かねやすひゃっかてん)】だ。


現在は「ワシントンビル」としてドラッグストアなどが入居する商業施設になっている。

創業時は米穀店であった「かねやす」は、呉服店となり、その後1920年(大正9年)にデパートとして創業し、1936年(昭和11年)には現在も遺る鉄筋7階建の新館が完成している。

当時の7階建ての高さは言うまでもなく目立つ高層建築だったに違いない。
井筒屋などと並んで北九州を代表とする百貨店だったと言う。

1952年(昭和27年)にこの辺り一帯を襲う不審火による大火事「魚町大火」にて旧館だった木造建家は全焼、鉄筋7階建ての新館も影響を受け、それがきっかけで1954年(昭和29年)頃に破産する事となる。

しかし強靭だった鉄筋コンクリートのビルは、戦火と大火事にも耐え、今もこの地に建っている。

みかげ通り側はすっかり現代風に改装されてその姿を偲ぶ事は出来ないが、2013年現在、北側が駐車場となり開けているので当時の姿をそのままに見る事が出来る。


規則正しく並んだ縦長の窓が印象的だ。


煤けた壁面がその歴史を感じさせる。


アールを付けたモダンな壁はデパートとしての華やかさの象徴だったのだろうか。


しかしながら築90年の建物は劣化が進んでいる。
北側の駐車場がビルになりその姿を隠すかもしれないし、これがいつまで見られるかは解らない。


それとこのビルを語る上で欠かす事が出来ないのが、屋上に建つコンクリート製の小さな小屋だ。

【防空監視哨(ぼうくうかんししょう)】だ。

戦時中に作られたそれは、名の通り防空目的、つまり敵機の襲来をいちはやく見つけ軍隊に報告、迎撃準備や住民への避難、灯火管制などを行う為の存在だ。

デパートの屋上にこんな軍事施設が作られたのは、兵器工場である【小倉陸軍造兵廠(こくらりくぐんぞうへいしょう)】が置かれていた為だ。

当時ずば抜けて高かった建築は遠くの敵機を見つけるのに好都合だったのだろう。

現在の大手町を中心とした広大な土地に置かれた兵器工場は、当然の事ながら敵国から要攻撃とされ、1945年(昭和20年)8月9日、原爆投下の目標にもされていた。
視界不良で小倉への投下を断念。長崎へと進路を向けた。

あの日、ここで監視をしていた人は迫る恐怖を感じながら何を見たのだろうか?
戦争と言う狂気は華やかであったはずのデパートにこんなものを建ててしまった。

今と変わらず季節毎の催事や、毎日の、あるいは特別な日の人々の物語を見て来た【かねやす百貨店】

今は、そしてこれからも使われる事のないであろう戦争の面影は、それより高く連立するビルの狭間にありながらも、平和に街を行く人々にかつての栄華の誇りと、戦争の火を知り歴史を想えとじっと見下ろす。


より大きな地図で 北九州近代化遺産 を表示

コメント

  • SECRET: 0
    PASS: 1f0ba8d4c2ffc4c18e1246affc719275
    はじめまして。小倉鉄道遺構から辿ってきました。
    地元のディープな遺構探検、素晴らしいです。
    山家の324号、昨年の夏に「かしいかえん」に引越し
    したと、ネットで見ましたが・・・間違っていたらスミマセン。

    by べーやん €2013-05-09 01:10

  • SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ありがとうございます。
    情報ありがとうございました!
    かしいかえんで綺麗にされて公開されているんですね〜。
    訂正いたします。
    ここでもこども達の人気者になってくれるといいですね。

    by Taka €2013-05-09 08:44

down

コメントする




スポンサードリンク

検索

About Kitakyu Heritage

「0哩 ゼロマイル〜北九州の近代化遺産〜」が「Kitakyu Heritage キタキューヘリテージ」として新たに出発しました。北九州のディープな魅力を再発見!

Kitakyu Heritage

Taka

Taka

北九州市在住。ベスパとハーレー、両極端のバイク乗り。北九州を愛し、北九州の魅力の再発見に余念が無い。人と人、歴史の点と点、結びつければ歴史が紐解かれる。